いつかは必ずIPOが当選する凄い仕組み!IPOチャレンジポイント

IPO
この記事は約2分で読めます。
とんまる
とんまる

IPOって「外れてもお金が減らない宝くじみたいだ」ってよく言われるけど、なかなか当たらないから気持ちが折れそうになっちゃう

福にゃん
福にゃん

そうそう。落選が続くと気分も落ち込んじゃうよね。でもそんな私たちの味方になってくれるのがSBI証券のIPOチャレンジポイントだよ。

スポンサーリンク

いつかは必ずIPOが当選する嬉しいシステム!

IPOチャレンジポイントの嬉しいところは、コツコツIPO抽選に申込続けていればいつかは誰でも必ずIPOに当選できるところです。

IPOチャレンジポイントの簡単な説明

  • IPO抽選に申し込んで外れる度に1ポイントもらえる
  • SBI証券では通常の抽選枠とは別にIPOチャレンジポイントの抽選枠がある
  • 使用ポイントが多い人から順に当選するので貯め続ければいつかは当選できる
  • ポイントを使用して落選した場合、使ったポイントは戻ってくる

一撃100万円以上の利益を得ることも

過去のIPOでIPOチャレンジポイントを使った場合、実際にどれぐらいの利益が出たのかを見てみましょう。(IPOポイントのボーダーラインはネット上での当選報告などを元にしています。)

銘柄ポイントボーダー当選株数初値売り利益1P単価
RPAホールディングス3363003,213,000円9,563円
インフォネット385200388,000円1,008円
みらいワークス286100424,000円1,483円

だいたい1P=1,000円ぐらいになることが多いので、SBI証券でIPOに落選したら「1,000円もらったな」って思うようにしています。落選が続いてもいつかは必ずIPOに当選できると思うことでモチベーションの維持にもなります。

福にゃん

1985年生まれ。5人家族の主婦。投資デビューは24歳のとき。その後スウィングトレード、債券投資、バリュー株投資、IPO投資、ソーシャルレンディングなどに挑戦。現在はインデックス投資(低コスト投資信託への長期・積立・分散投資)を中心に、IPO・現物株・債券をサブ的に投資しています。

福にゃんをフォローする
IPO
スポンサーリンク
福にゃんをフォローする
インデックス投資とお金の話

コメント

タイトルとURLをコピーしました